Last Vacation~London life with kids~

コロナ禍の2021.4~ロンドン駐在妻生活スタート。現地校に通う6歳児と1歳児とのロンドン生活の記録。instagramも更新中。@uko_uk

コロナ禍の冬休みと渡航準備

渡航まで1ヶ月半。今やイギリスがコロナで最もホットなスポットとして報道されていますが、粛々と準備は進み、やらなければならないことは満載。イギリスの学校が閉鎖したり「今後、更に厳しいTier5に引き上げられる可能性もある」なんていう記事を読んでいると、今、子を連れて行くべきなのかどうなのか正直迷っています。家族の帯同時期なんて会社からの赴任指示があるわけではないし、自分で情報を集めて、家族が後悔しない判断を下さないといけないというプレッシャー。それでも更に数ヶ月渡航時期を先延ばしということはなるべく避けたいところ。だから、今できる準備はなるべく前に進めていきたいんですけどね。

 

しかしコロナ禍の年末年始。反抗期気味の息子とイヤイヤ期の娘が24時間家におります。準備の時間をつくりだすため効率重視で向き合うと返り討ちに遭うのは必至。また、家で過ごし、準備の片手間で子供に向き合うと皆がunhappyになり、結果準備も大して進まないということもよくある話。

 

今のような長期休み中、誰かに保育を頼れない日は、日中なるべく外出し、子供と向き合い、夜早く寝かして、寝落ちしないよう頑張って(要・根性)自分時間獲得が家族みんながhappyでかつまとまった時間がとれる私の正攻法パターンだったりする。

 

問題は日中どこに行くか。
夫不在なので車は乗れない。
コロナでお友達とも基本会えない。
遠出も限られる。
そして忘れてはならないのが娘のイヤイヤ期。

 

そんな中、先日よかったことが、Go toもストップし観光客が減った今だからこその近距離電車旅。鉄道の番組を録り溜め家族で鑑賞→ロケ地巡りが子供のテンション的にもテッパンで、先日BS日テレの『礼二友近の妄想トレイン』という誰が知ってんねん!っていうようなマニアックな番組でやっていた叡山電鉄のひえいに乗ってきました。

 

f:id:u-polinky:20210103121057j:image

 

 

そのあとは出町柳の鴨川デルタの河川敷で小一時間遊ばせ、近くのカフェでお茶。

 

f:id:u-polinky:20210103121142j:image


とりあえずそれでなんとか日中はみんな楽しく過ごせる。娘も電車を見ると興奮して絶叫するようになってきたのでこれがテッパン。

 

イギリスやヨーロッパの鉄道を家族で楽しみたいのにな。


コロナ禍の子育て&渡航準備。ともすれば、コロナ鬱になる親御さんの気持ちもわかるわーというような日もあるけれど、負けてはいけない!