Last Vacation~London life with kids~

コロナ禍の2021.4~ロンドン駐在妻生活スタート。現地校に通う6歳児と1歳児とのロンドン生活の記録。instagramも更新中。@uko_uk

イギリス・日本の単身赴任生活

夫の一時帰国!〜単身赴任生活もおしまいだ!〜

先週、夫が一時帰国で関西空港に到着した。 とはいえ、3日間は政府が用意した宿泊施設で隔離、その後さらに入国後14日間は自主隔離期間となるため、会えるのはまだまだ先。 (現在、自宅で隔離中だけど、私たちが会うと幼稚園に通園できなくなるなど、家族の…

会社からの渡航判断が出た!

前例なき事例とのことでお伺いから2週間待ち、やっと関係役員の渡航許可がおりたとの連絡が先週末届きました。 (関係者の方々にはご尽力頂き、感謝!) しかしこの2週間、刻々と状況が変わり、政府の水際対策の強化を理由に私たちの計画も変えざるをえない…

単身赴任生活の回し方〜地域コミュニティ〜

これまで単身赴任生活の回し方のコツとして、部屋選びと家事の2点について記してきた。 今日は3点目、地域コミュニティについてだ。 平時は難なく生活を回すことができても、 乳幼児との暮らし、ましてやコロナ禍も相まって間違いなく異常時は訪れる。 現に1…

単身赴任生活の回し方〜家事〜

乳幼児2人との単身赴任生活。 前回はポイントとして人数相応の部屋を借りることを綴った。 今日は「求められていない家事をしない」ことを綴ろうと思う。 (いや、こんな自信満々に言う話じゃないけど…) 最初に書いておくと、夫と暮らしているときは、 今よ…

単身赴任生活の回し方〜部屋選び編〜

乳幼児との単身赴任生活を回す術。まずは部屋選びから書こうと思う。 私が学んだことは、間取りと適度な広さ、スペックがカギだということ。 少し長くなるが、2年に渡る単身赴任生活の経緯を振り返ってみる。 (「経緯に興味はない!」「ポイントのみ知りた…

単身赴任生活の回し方〜イントロダクション〜

夫が渡航し、まもなく3ヶ月が経とうとしている。 渡航前、国内にいるときから既に単身赴任生活だったので、かれこれ2年近く夫と離れ離れの生活を送っている。 確かに、はじめは不安だった。この2年の間に第二子となる娘が生まれ、最初に子供たちと3人だけの…

渡航延期になりました

2月半ば予定で進めていたイギリスへの渡航。 年末、変異種だの、感染者数激増だので、 イギリスのコロナの感染拡大に関する報道が増え、 さすがにまずいかなぁ…と心配になりつつも、 年明けにビザを申請しないと渡航日には間に合わないということだったので…

ロンドンの日系不動産仲介会社

2回目のロックダウン下、LINEやメールでやりとりしながら、夫が家探しに奔走してくれていたのが11月。まだ2ヶ月しかたっていないけれども随分前のように感じる。 今回の3回目のロックダウンに入る前に、無事引越しも終え、徐々に生活環境も整い、なるべく夫…

子供の予防接種と1歳半検診〜ダメ元で言ってみる〜

渡航までに子供の予防接種、打てるものは忘れず打ちたいもの。 息子は5歳(年中)。麻疹風疹の第二期の予防接種は年長になってからだったのですが、小児科の先生に自費になるけど、打てると言われて打ってきました。 念のため区役所に補助対象にならないか問…

渡航時期の判断軸

イギリスのコロナの感染状況については、しばらく快方に向かなさそう。こんな最中、本当に予定通り来月旅立てるのだろうか。ビザの入力をしながら、ふと思う。 渡英時期を判断する条件を考える上での視点を自分なりに整理してみた。 原則は、家族がコロナに…

コロナ禍の冬休みと渡航準備

渡航まで1ヶ月半。今やイギリスがコロナで最もホットなスポットとして報道されていますが、粛々と準備は進み、やらなければならないことは満載。イギリスの学校が閉鎖したり「今後、更に厳しいTier5に引き上げられる可能性もある」なんていう記事を読んでい…

我々の城、決まる〜実録、コロナ禍の家探し〜

コロナ禍のイギリス、家探し。 夫の渡航後、1か月で家は無事決まり、夫は無事、駐在員のメッカと呼ばれるホテル、Chelsea Cloisters(通称チェルクロ)からの引っ越しが先日完了しました。 チェルクロについて駐在妻経験者の友達から 「部屋によってはオワッ…

イギリス人の友人とジンジャーブレッドクッキーづくり

1歳の娘は、近所の幼稚園に週一回親子登園している。 渡航を前に、外国人の先生が常駐していて、英語の設定保育の時間があるという理由で行っている。 そして幼稚園から 「英語のシャワーを浴びさせています!」 というお決まりの文句はあったが、 別に娘の…

契約書とgoogle翻訳様

とうとうロンドンの新居が決まり、来週末引き渡しになった。 夫からペロッと転送されてきた家の契約書のpdf。 もちろん英語。11ページ。 英語で仕事している人にとっては、なんてことのないボリュームなんだと思いますが、 私にとっては、お、おもい… 今回が…

コロナ禍のロンドン家探し

夫が渡英して早、2週間。 夫の頑張りによりようやく家が決まろうとしている。 (ちなみにロックダウン下のロンドンでも不動産屋はopenしている) 日本では ・駅チカ ・築浅 ・水回りの清潔さ の3本柱でとりあえず家探しを行ってきたけど、コロナ禍のイギリス…

時差により父子の時間激減

日本、イギリスの時差9時間。 例えば日本が朝8時→イギリス23時 といった具合です。 夫の駐在に帯同すべきかどうか迷っていたとき、旦那様と別居しながら単身アメリカで駐在している友人に相談しました。 その際、旦那様とビデオ通話でコミュニケーションをと…

ロックダウンのイギリスへ夫旅立つ

先日、一足先に夫がイギリスへ旅立っていきました。ポスト公募の話が出たのが2年前。そこから様々な事情が重なり、辞令が出てもなかなか渡航準備ができず やっとGo サインが出、ビザも取得し、 「いよいよ!」というタイミングで入ってきたのが イギリスが再…